転職

転職は新卒3カ月以内でしても大丈夫!?理想的な転職のタイミングとは

「大学卒業後、せっかく入社した会社をすでに辞めたい・・・」そう悩む新卒の方が増えていますね。

同時に、入社3カ月以内で辞めるのってどうなの?と悩む方も多いはず。

実は私も新卒の時に念願の出版社に入社しましたが、あまりの雰囲気の悪さに出社するのが毎日苦痛でした。

そこで今回は「入社3カ月以内で辞めるべきか」「辞めるとしたら入社何年以降?」という疑問点を、大手出版社から経営コンサルタン会社へ転職した私が回答いたします!

入社3カ月で辞めるのはリスクが大きい

結論から言うと、入社3カ月で退職するのはおすすめしません。その理由は大きく2つあります。

  • 飽きっぽい人と見られてしまう
  • 会社の全体像をつかめていない

飽きっぽい人と見られてしまう

正直入社3カ月なんてまだ何も会社に貢献しておらず、会社によってはまだ研修をやっている段階の時期です。その状態で「この会社は自分に合ってないな」と判断すると、その後の転職活動において、採用してもらえないリスクが格段に高まります。

会社の全体像をつかめていない

私も入社当時は、会社の馴れ合いの雰囲気や社員同士の噂好きの風潮がたまらず嫌いでした。しかしふとした時に、それまで関わることのなかった部署の方と話をすると「こんなに素敵な大人がこの会社にはいたのか!」と深く感激しました。ですので、入社3カ月で見えている会社の風景は単なる側面にすぎません。自分が思っているよりも会社には色んな風潮・人がいることを認識すべきでしょう。

じゃあどれだけ働けば転職してもいい?

3カ月では早すぎる、ではどれくらいの期間働けば転職を考えてもいいのか?という疑問にぶち当たることが想像に容易いですよね。日本ではよく「石の上にも三年」と言うように、最低3年は同じ会社で努めることが美徳とされています。

しかし私はこの理論、1ミリも信用しません。

そもそも石の上にも3年ってただのことわざです。サラリーマンに同じことを適用する理由をむしろ私は教えてほしいくらいです。口酸っぱくこの理論を唱えてくる人も、何も考えずに言っているだけですので右から左に流していいでしょう。

私は1年~2年働けば転職しても十分良い時期だと考えています。

つまり遅くとも3年目には転職していて何ら問題はないということです。このくらいの期間働くと、会社が本当にあっているか・スキルが身につく環境が整っているか等という点が大体見えるようになります。よく考えたうえで「違う環境でチャレンジしたい!」と思ったのであればそれは間違った判断ではないので自分を信じることを強くお勧めします。

重要なのは在籍期間をどう過ごすか!

では1~2年働けば転職してもいいと述べましたが、その期間をどう過ごすかが非常に重要です。そのうち辞めるからテキトーにやればいいやっていう考えはもうアウトです。

在籍している間にいかに成果を出すか、いかにクライアントや社内から評価されるかは非常に重要です。ここを意識せずにもっといい環境に転職しようなんて問屋が卸しません。そんな人は面接でばれるので転職活動も上手くいかないことがほとんどです。

そうは言っても入社したばかりで実績を残せなんて無茶だ、と思ってる方もいるでしょう。あえて言葉を崩しますが、会社なんて有能な人に紛れて無能な人もたくさんいます。全員が全員エリートなわけありませんからね。つまり入社して半年もたてば実務を一通りこなし、さらには今まで社内になかった新しいことを生み出すことだって十分可能です、特に最近の新卒の方は優秀ですしね。

持っている能力を惜しみなく発揮して、惜しまれながらの転職を目指しましょう。

入社数カ月で辞めてもいい特例がある!?

ここまで1~2年は働きましょうとお伝えしましたが、中には数カ月で転職を考えてもいいケースもあります。それはずばり「会社がおかしい時」です。

残業代がつかない、社長がコロコロ変わる、パワハラ発言が横行してるなど変な会社も多種多様ですが、「心身に不調をきたす」場合はすぐにやめましょう。

基本的にお金をもらって健康的に生きていく為に人間は働いています。その仕事が原因で病んでしまうようなことになれば本末転倒です。社員の健康を無視する程度の会社より好条件なところなんて腐るほどありますから、心配せずに転職活動に励みましょう。

まとめ

  1. 入社3カ月で辞めるのはリスクが大きい
  2. 1年~2年ほど働き、その間に会社を見極める
  3. 在籍中は頑張って結果を残すことに努める!
  4. 心身に不調をきたすようであれば早めに辞めて転職する

 

3年は頑張ろうは古い!いる間に成果を残してさっさと転職しましょう!

私も大手出版社を2年で辞めて転職しましたが、現在の職場では不満ゼロです。今できることを最大限にやって、ご自身のスキルアップを図りながら同時に転職も虎視眈々と狙っていきましょう。