転職

接客業から事務職に転職は難しい?採用率UPの志望動機はこれで決まり!

最近接客業から事務職に転職したいと考えている人が増えているようです。

  • 立ちっぱなしでキツい・・・
  • 土日休みが欲しい!
  • 年齢的に体が・・・
やまがみ
やまがみ
接客業をしているとこの様な愚痴が聞こえてきます。

今回は接客業から事務職に転職したYさんにお話を伺います

Yさん
Yさん
転職前は私も同じ状況でしたので、上記の愚痴はよくわかります。

事務職であればこのような悩みはなくなりますから転職したいと考えるのは当然ですね。ですが、いざ転職しようとなった時、一番困るのは志望動機ですよね。

「土日に休みたいので!」ではまず採用されません。

ではどういう志望動機が採用されやすいのか、この記事では採用率UPの志望動機の考え方を紹介していきます。

接客業のアピールポイントを知ろう

志望動機を考える前にまずは自分のアピールポイントを把握しておきましょう。

Yさん
Yさん
ちなみに私は「お客様と会話するのが好き」だったので、アピールポイントは「コミュニケーション能力が高い事」としていました。

コミュニケーション能力が高いということはどの会社でも、会社の人と上手くやっていけそう、長く勤めてくれそうと考えられ好印象です。

接客業と言っても飲食や小売り等さまざまな職業がありますが、「コミュニケーション能力が高い事」がどの職業でも当てはまりますね。

ほかには例えば小売りであれば「売上データや商品の管理が出来る」なら「資料作成、分析が出来る」となります。

事務職はデータ作成やデータ収集をする事が多い仕事ですので、たとえ未経験でも資料作成のスキルがあり、経験もある人は採用されやすいですね。

飲食であれば「忙しい時でもホールまたはキッチンを一人で回せる」なら「複数の仕事に順番を決め、組み立ててこなす事が出来る」または「自分で考え、状況判断ができる」となります。

言葉にするとそうかな?と思うかもしれませんが実際に飲食店で働いていると、お客様が来店して席に案内する、オーダーをとる、料理を提供する、お会計をする一連の流れを複数のお客様がいて自分一人で対応していると思います。

その時に、「あのお客様は今オーダーを決めているから先に料理を運ぼう」といった順番を決めて動いていると思います。

「複数の仕事に順番を決め、組み立ててこなす事が出来る」と言う事は事務職においても大切な事です

言われたことをただこなすだけで、自分で考えて仕事の優劣を決めて働かないひとを採用したいとは思わないですよね。

この様に接客業で得たスキルや知識を言い換えてアピールポイントにする事が出来ます。

上記では接客業に共通する事を取り上げましたが、自分の場合は何が得意で、何が出来るのかを考え、言い換えてアピールポイントにしてみましょう。

このアピールポイントを「接客業をしていたのでコミュニケーション力には自信があり、事務職でも生かせると思います。」というように志望動機に取り入れると良い印象を与えます。

事務職について知っておこう

より採用率を上げるためにはその会社について調べるだけではなく、事務職について知っておく必要があります。

事務職の大変な所、つらい所を知りどう対応するかを志望動機に盛り込む事で問題を解決する能力がある事をアピールすることが出来るので採用率が上がります。

では主にどんな事があるのでしょうか。

まず、多くの人が感じているのは「一日中パソコンで作業しているので目や腰が疲労する」が挙げられます。

ずっと座って作業していれば当然ですよね。ですが、接客業の人は毎日仕事で動き回り、時には重いものを運んだりと同世代の事務職の人より体が丈夫なはずです。それにずっと座っているよりずっと立っているほうが遥かにきついです。

Yさん
Yさん
私の個人的な意見としては接客業より事務職のほうが体力的にかなり楽です。

ですので、接客業をやっている人はこの点に関しては特に問題はないと思います。

他には「仕事の内容が広く、事務以外も任される事がある」という事もあります。

事務職では書類作成やデータ整理、電話や来客の対応が主な仕事になりますが、小さい会社の場合だと人手が足りない為、事務職の人がクレームの処理や営業まで任されることがあります。

しかし、それは接客業でも同じで小売りでも飲食でも商品を仕入れて、陳列(調理)するだけでなくシフトを作ったり人気商品を分析したり売上の管理をしたりと仕事量が多くそれをこなさなければなりません。

そう考えると事務職も同じようなものだと思いませんか?むしろ接客業のほうが幅広い業務をしていますよね。

これを「前職では接客業をしていましたが接客だけでなく数字の管理や商品の分析、シフトの作成等幅広い業務を担当していたので、御社でも様々な業務を経験し幅広く活躍したいと思います。」

と志望動機に取り入れる事で採用されやすくなります。

事務職の種類にはおすすめがある?!自分の適性を知らずに転職は危険! https://sazanami-aburatubo.com/tensyoku-poin...

まとめ

採用率UPのコツ
  • 接客業の経験を生かせるアピールポイントを探す。
  • 会社の事だけでなく事務職を理解する。

まずはこの2点を考えてみてください。

Yさん
Yさん
大事なことは自分を知り、仕事を理解するという事ですね。

後はそれを文章にして志望動機に取り入れるだけで印象が良くなり、採用率が上がります。