仕事

仕事で大失敗!!辞めたいと思った時,後悔しないための4つのポイント

この記事はこんな人におすすめ

仕事で大失敗をし、辞めようか悩んでいる人へ
気持ちの整理をつけるお手伝いをします。

やまがみ
やまがみ
誰でも一回は仕事で大失敗をしてしまったことはあると思います。そんな時、自分の気持ちを整理して次に進むための具体的な解決策を4つのポイントに絞って教えます。

悩んで落ち込み続ける前に、まずはこの記事を読んでみてください!必ずヒントが見つかります。

仕事で大失敗をしてしまった瞬間、思わず「辞めたい」なんて考えてしまいがちですよね。そんな時考えるべきことが「辞めるかどうかの判断基準」についてです。

退職や転職について正しく判断できないと取り返しのつかない人生を送ることになりますよ・・・

この記事を読むとわかること
  • 仕事で大失敗をして辞めたい場合に判断基準となる「4つのポイント」
  • 退職や転職という大きな決断を間違えないための考え方と判断力
この判断基準さえ自分の中にしっかりと持っておけば、これからどんな大失敗があなたを悩ませたとしても自身を持って先に進んでいけますよ!
【仕事が辛すぎて辞めたい】鬱になってしまった場合の対応方法 夢を見て入った会社。 なのに気づけば作り笑いを浮かべ自分を演じる日々。 疲労は蓄積し、気分もどんどん落ち込んでいってしまう。...

仕事で大失敗した後は

みなさんも仕事で大失敗をしてしまった経験、一度や二度はあるのではないでしょうか?
大切な書類をシュレッダーで破棄してしまった。発注数を間違えてしまった。会計を間違えて会社に損害を与えてしまった。大切な取引先を怒らせてしまった。・・・考えだせばキリがありませんよね。

大失敗をしてしまった!!そんな時、まずはどうするべきでしょうか。

答えは「すみやかに上司に報告する」です。

落ち込むのはそれからです。まずは起きてしまったことを正直に会社や上司に報告し、その後の対応策や指示を仰ぎましょう。

この過程をきちんと踏むことで、少なくとも責任が「あなた一人」から「あなたに指示を与えた先輩や上司」まで広がります。周囲の人間を巻き込んでしまいましょう。

ミスや失敗を隠そうとしたり、嘘をつくと、損害が拡大するばかりか、あなた個人の責任がどんどん大きくなってしまいます。
社会人としての責任を果たす意味でも、ここはしっかりとしておきたいところですよね。

辞めたい気持ちをどうするか

報告を済ませた後にすることは、あなたの自身の心のケアです。

失敗をすれば、たくさんの人に迷惑をかけ申し訳ない気持ちにもなるし、大勢の人を巻き込んでしまって恥ずかしい思いもします。しばらく会社に行きたくないでしょうし、職場の人とも話したくないですよね。
簡単に立ち直ることは難しいかもしれません。その気持ちよくわかります。

でも、まずは気持ちを切り替えることを試してみてください。こう考えてみるのはいかがでしょうか?

「同じ会社の中には、自分よりもっと迷惑をかけている人もいるじゃないか。」

「そもそも、あの先輩や上司の指示に問題はなかったか!?」

「ミス=悪いわけではない、前向きな姿勢で難しい仕事にチャレンジした証だ!」

「クビにならない限りは、私はこの会社に必要とされているということだ。」

ちょっとズルい考え方かもしれませんが、このような考え方の工夫次第で楽になるかもしれません。

それでもダメならこれでいきましょう

「とりあえず心の休息が必要だ。しばらく休んでみよう。」

思い切って休むことも有効な手段ですよね。

辞めるかどうかの4つの判断基準とは

ある程度気持ちが落ち着いたら、いよいよ本題です。

これまで以上に一生懸命働いて信頼回復に努めるべきか・・・

それとも

仕事を辞めるべきか・・・

4つのポイントを確認しながら、冷静に判断していきましょう。
  1. この機会に会社や職場の人間について考えてみる
  2. 「実績とやりがい」「辞めたい気持ち」を天秤にかけてみる
  3. 向いてない仕事をしているかも?
  4. 時間が解決してくれる問題かどうか

1つずつ解説していきます。

1. この機会に会社や職場の人間について考えてみる

大失敗をしてしまったあなたに対して、先輩や上司、周りの人間は十分にフォローやサポートをしてくれましたか?

中には責任逃れをしようとする上司もいるかもしれません。こういう非常時だからこそ、上司(会社)の本質を垣間見ることができるかもしれませんね。今後、勤め上げるべき職場かどうか判断しましょう。

2. 「実績とやりがい」「辞めたい気持ち」を天秤にかけてみる

これまであなたは一生懸命に仕事をしてきたはずです。積み上げて来た実績があるのかもしれません。仕事にやりがいや魅力を感じているのであれば、今の一時的な退職への気持ちを天秤にかけてみましょう。

あなたが仕事に対して感じている魅力が、辞めたい気持ちを上回っていれば、もう一度頑張れるはずです。

3. 向いてない仕事をしているかも?

今回の失敗以前にも、同様の失敗をしたことはありませんでしたか?

仕事には適正があります。もしあなたが自分の適正に合わない仕事を無理にしている場合、必ずしも良い結果を生むとは限りません。

人には向き不向きがあります。今後も同じ失敗を繰り返す可能性が高いのかどうか、今の仕事との相性を考えてみましょう。

4. 時間が解決してくれる問題かどうか

本人のネガティブな気持ち、周囲のからの不信感・・・

人の気持ちは時間が解決してくれます。

ただ、それだけでは解決できないこともあります。

今回の失敗が、あなたの今後の出世に響いたり、会社に対して損害賠償をしないといけない等と行った「時間が経っても解決してくれなさそうな場合」「失敗が未来永劫キズとなって残ってしまう場合」

残念ながら、退職することがベストな選択である場合もあります。

最後に

会社は一人で仕事をする場所ではありません。いくらミスをしたのがあなた個人であるからといって、後処理まで全てあなた一人で責任を負う必要はないのです。

まずは、周囲の人間に助けを求めましょう。

その上で、上記のポイントを元に冷静になって退職すべきか否か判断をしましょう。

後悔しないよう、冷静になって考えてみて下さいね。

まとめ

・仕事で大失敗をしてしまったら、まずは会社や上司にすみやかに報告をする。社会人としての責任を果たすとともに、周囲の人間を巻き込む。

・あなたの心のケアをする。状況によっては休みを取る。

・4つのポイントを元に、辞めるべきかどうかの判断をする。

①今後も勤め上げるべき会社なのか
②仕事に感じている魅力と今の気持ちを天秤にかけてみる
③仕事への適正を考える
④時間が解決してくれるかどうか