転職

【転職】会社を辞めてからでも不利にならなかった体験談,その方法は?

Iさん
Iさん
転職をしたいけれど仕事を辞めてからの転職活動は不利になりそうで不安だな…。

えな
えな

そうだよね、もしも仕事がなかなかみつからなかったら大変だよね…

やまがみ
やまがみ

そんなあなたに会社を辞めてから転職をしても不利にならない方法をご紹介します。それと、今日は転職の体験談を語ってくれるYさんに来ていただきました。

Yさん
Yさん
よろしくおねがいします。

一般的に転職サイトなどをみると会社を辞めてからの転職活動は不利になるから止めておいた方がいいと謳っていることが多いですよね。しかしここではそうならないための方法や心構えを体験談を交えながらご紹介していきたいとおもいます。

この記事でわかること
  • 会社を辞めてからの転職で不利にならない方法
  • 不利にならないためのプラン
  • 実行するための心構え

転職する理由を考える

まずは転職する理由をはっきりさせましょう。ここが一番の肝となる部分かもしれません。ただ単に今の職場が嫌だから、という理由での転職であれば不利になってしまうこともあるかもしれません。。

というのが定石ですが、やっぱりその職場が嫌だからというのが本心でもいいのです。給与面や待遇面、仕事の幅や将来性をアップさせるように転職すれば立派なキャリアアップです。

Yさん
Yさん
私は20代後半で大きなキャリアチェンジをしました。

本心を言えば、最初はその会社を辞めたかったのですが、辞めるための立派な理由と将来の展望を見据えたプランが必要でした。

その時期は就職氷河期真っ只中で誰もが仕事を辞めることを非常に大きなリスクと考えている時期でもありました。

やまがみ
やまがみ
20代後半でのその判断には大きな勇気が必要だったのではないかなと思います。

将来を見据える

さて、転職したいとなったら、それなりに大人の理由が必要です。将来的に自分にとって有利になる転職をしなければなりません。とりあえず会社には行きながら着々と頭の中でだけでもいいのでシナリオを練り始めましょう。

今あなたが勤めている会社が将来的な展望が見込めるのかも考えてみましょう。将来的には良い方向に向かうのであれば転職は少し待ってもいいのかもしれません。

Yさん
Yさん
私は新卒で普通のOLとして事務の仕事をしていましたが、その職場は女性が30歳を過ぎると居心地が悪くなるという特性を持っていました。その当時私は26歳、時は着々と迫っていました。それだけでなく、休日が少なく、残業代もほとんどでない会社でした。これは早めになんとかせねばと思っていました。
Iさん
Iさん
僕は休日が少ないのが転職を考えている要因の一つなんだよな…。
えな
えな
休日が少ないのは大変ですよね。
新しいスキルを身につける時間もないし・・・。

市場を考える

自分の年齢、今できる仕事、今後したい仕事のなかで自分が働ける地域での求人があるかどうかを考えましょう。やはり転職は地域によって求人が多いものや少ないものがあります。そのマーケットリサーチは大切だと思います。首都圏の情報は多いですが仕事を求める人は日本全国にいるのですから、地域性も考えなくてはなりません

Yさん
Yさん
私の住んでいる地域で女性でも仕事の幅が比較的広い仕事を考えました。その結果、5年間の事務職経験にプラスしてビジネスレベルで英語ができるようになれば地方都市ながらかなり転職に有利なことが判明しました。

Iさん
Iさん
そうか、市場を考えて資格やスキルを磨くのも大切なことなんですね!
やまがみ
やまがみ
Yさんは先のことを計画的に考えていて素晴らしいですね!

自分の強みを考える

そして次に自分がどんな仕事なら働けそうかを考えます。まずは事務職の経験があれば、それにスキルをプラスアルファする。もしくは営業の経験があればそれに何か専門知識を付けるなど現在自分がしていることに何かしら付加価値が付けられないかを考えるのです。多少こじつけでも構いません。自分の少しでも好きなことややってみたいことを考えましょう。

今と同じ仕事内容ならば転職してもまた同じように会社を辞めたくなってしまうかもしれません。ですから、いまある自分のスキルを使いながらステップアップできる方法を考えるのです。

Yさん
Yさん
私の友人は都市部で20年勤めた事務職を結婚を機に辞めて、過疎地域に引っ越しましたがそれを機に医療事務の資格を取り、その地域にある病院での医療事務を始めました。事務の経験も活かしながら、その地域で求人のある仕事を立派に見つけたのです。
Iさん
Iさん
自分の強みも活かしながら、スキルをつけて転職されたなんてすごいですね!僕も見習いたいです。

調理師から転職して正社員の事務職になるまでの記録【実体験】転職をするのって、いざしようと心に決めても中々仕事の折り合いがつかなかったり 仕事を、辞めるという心の準備も必要になりますよね。 ...

どんなスキルを身につけるかを考える

いったん仕事を辞めてからの転職の良いところは、スキルアップの時間があることです。もちろんその間の資金はあらかじめプランを練って貯金をしておかねばなりません。

しかし、辞めてから転職をしたいほどその仕事を辞めたいのであれば、頑張れるのではないでしょうか?しかもそのスキルは転職の時に印籠のように見せられるものがいいでしょう。何かの国家資格や企業が欲しがっているスキルです。

Yさん
Yさん

私はあらゆる人脈を使い、当時の自分の資金で留学できる方法をリサーチしました。結果私はロンドンへ留学しました。理由は、

  • 友達がいたことで情報が集まった。
  • 合法で事務のアルバイトをしながら勉強できるのがイギリスだった。

 

でした。その間で主に気を付けたことはやはりなにはともあれ、資格を取ることでした。

Iさん
Iさん
そうかぁ。どんなスキルなら今の自分のステップアップになるんだろう…

デメリットを考える

やはりデメリットはゼロではないでしょう。しばらくの間不安な日々が続きますし、きちんとスキルが付くか不安になることもあります。仕事をしていた時のようにお金も自由になりません

そして何より、大人なのに仕事を辞めて勉強している、というのは結構なストレスになるものです。ですが、そのプレッシャーがスキルアップへの意欲を掻き立てるのではないでしょうか。学生時代に勉強が嫌いでも不思議に社会人を経ての勉強はできる人が多いようです。

Yさん
Yさん
私の経験からいうと、学生時代はちっとも面白くなかった勉強や通学が一度就職してからスキルアップのための勉強となると俄然面白くなってくるのです。そしてまさに背水の陣ですから、勉強せざるを得ません。私は国文科卒で英語は全くできませんでしたが、帰国後のTOEICの点数は900点を超えていてそれが大いに転職の役に立ちました。
Iさん
Iさん
僕もそんな転職に役立つスキルを身につけたい!

まとめ

  • 転職する理由をしっかりと考える
  • 将来を見据えた転職のプランを練る
  • 市場や自分の強みを考える
  • キャリアアップになるスキルを身につける
  • デメリット(プレッシャー)に耐える
やまがみ
やまがみ
転職は勇気のいることです。性別や年齢によって、スキルアップできる期間や内容は違うかもしれませんが、転職する場合は是非キャリアアップにつながる有利な転職をしましょう。