転職

転職エージェントは複数使いましょう!一社だけに頼るのは要注意です!

〜【過去のお話】やまがみとえなの出会い編〜

えなのプロフィール プロフィール 年齢 20代前半 趣味・好きな事 料理・読書・カフェ巡り・書道 性格 やや人見知り、少々自分にも相手にも厳...
やまがみ
やまがみ
はじめまして。私は人材紹介会社に勤務し、キャリアコンサルタントの国家資格を持つやまがみです。
えな
えな
はじめまして。よろしくお願いします。実は、私は調理師になりたいと思って専門学校に通い、卒業後は地元のレストランに勤務したのですが、会社の事情で離職しました。
やまがみ
やまがみ
それは、大変でしたね。
えな
えな
その後、やはり調理の仕事がしたいと思い2社に勤務しましたが、2社目で立ち仕事が原因で体調を崩してしまい退職してしました。
やまがみ
やまがみ
調理の仕事がしたい、と思っていたのに仕事のために体調不良となって残念な気持ちでしょうね。
えな
えな
はい。今はこれからどうやって次の仕事を見つけたらよいのか分からなくて、不安で仕方ないんです。調理は好きだけれども、長時間の立ち仕事は体がもたないし。かといって、社会人になってから調理以外の仕事に就いたことが無いし・・・。
やまがみ
やまがみ
なるほど。専門学校まで行って調理の勉強をしたのに、好きな調理の仕事から本当に離れてもよいのか。もし離れるにしても未経験者を採用してくれるような会社があるのか、という不安があるのですね。大丈夫ですよ。
やまがみ
やまがみ
これから、今の仕事を辞めてよいのか、未経験者での採用してくれる会社や職種があるのか、次の仕事をどうやって見つけるのか、というえなさんの不安に答えていきましょう。

今の仕事を辞めてよいのか

自分に厳しい人に限って、今の仕事が辛くても「ここで辞めてしまうのは私の我がままだ。もっと頑張って仕事をしなくてはならない」と思うことでしょう。そして、「仕事の成果が出ないのは、私の努力不足だ」と自分を更に追い詰めてしまうかもしれません。

でも、考えてみてください。好きでもないことをどんなに一生懸命やっても、なかなか上手にはなりませんよね。逆に好きなことならば、少々キツクても頑張ることができるでしょう。

 えなさんのように調理の仕事は好きだけれども長時間の立ち仕事ができないのであれば、今は残念だけれども、一時的にキャリアチェンジをしてみても良いのではないでしょうか。長い人生ですしまだ若いのですから、自分の可能性を広げるためにも新しい世界に挑戦してみることは大切なことだと思います。そして体調が戻った時に、調理師に戻るのかどうか考えても決して遅くはないと思いますよ。

 安易な転職をお勧めするわけではありませんが、一方で一度決めたことを変えてしまうのは自分の意志が弱いからだ、と自分を責める必要もありません。重要なことは、あなたが楽しんで仕事をし、その楽しんでいる姿を見た他の人が楽しくなるような人生を作り出すことなのです。

未経験でも採用してくれる会社や職種はあるのか?

やまがみ
やまがみ
はい、あります。仕事を計画立てて進めることができる、納期を守ることができる、分からないことは他人に聞いたり自分で調べたりできる、といった基本的な行動や考え方ができる人であれば、転職先はきっと見つけることができますよ。

 例えば、事務職はどうでしょうか。営業や接客業のように日ごろから体を動かす仕事をしている人にとって、事務職というと「じっと机に張り付いていて、一日中パソコン見ていて、息を殺して仕事をしている」窮屈な仕事、と思えるかもしれません。

 お客様から「ありがとう」という声をかけられることもないし、一体何をやり甲斐にして仕事をしているんだろう、と不思議に思うかもしれませんね。

 心配ご無用です。事務職にも営業や接客業に負けないくらいのやり甲斐があります。自社の営業マンのフォローをきちんとやってお礼を言われたとき、上司から依頼されたプレゼン資料を提出し「おお、これ俺が考えていたことが上手くまとめてある」と言われたとき、などです。

 更に徐々に経験を積んでいけば、部署や会社の運営を助ける企画や提案を考案し採用されることもあるでしょう。自分の企画が会社に採用されたときを想像してみてください。

やまがみ
やまがみ
そうなったら、すごくうれしいし、やり甲斐も感じますよね。若い時だからこそ、未経験でも挑戦できるし、採用してくれる企業もあるのです。具体的な企業探しの方法は次の章でお話ししましょう。

エージェントを活用しましょう

転職活動をするにあたって、まずは転職エージェントに登録しましょう。この場合に注意することは、「複数社に登録する」です。

 転職エージェントによって得意な業種や職種は異なっています。また、転職エージェントのキャリアカウンセラーが全て優秀かつあなたと相性が合うとは限らないからです。

 どの転職エージェントがあなたにとって良いのかは、実際にいくつか訪問してみると案外分かってきます。面倒と思わないで訪問してみてください。忙しければ電話やスカイプで対応してくれるところもあります。

 転職エージェントは就職先の紹介だけでなく、キャリアカウンセリングを通じてあなたの強み弱みの把握、転職活動のスケジュール立案、職務経歴書のレビュー、模擬面接の実施、その他転職活動中の悩みなどの相談に乗るのが仕事です。

 彼らはあなたが転職に成功したら、採用先企業からあなたの入社後の年収の30%から35%受け取ります。ですから、彼らにはあなたにも企業にもレベルの高いサービスを提供する義務があるのです。遠慮しないで活用しましょう。

 ただし、注意も必要です。あなたが転職に成功すると彼らには報酬が入ってきますから、報酬を得たいがために何でもかんでも紹介して「とにかく転職させてしまおう」と考える不行き届きなキャリアカウンセラーがいたとしても不思議ではありません

 また、紹介先企業の業務内容を十分に把握できないままあなたに「ここは良い会社ですよ」と紹介するような力不足のカウンセラーがいることも、残念ながら事実です。

 ですから、あなたは「彼らを自分のために活用する」という気持ちを忘れないでください。

まとめ

  1. 本当に嫌な仕事なら、キャリアチェンジを考えましょう。
    • あなたが生き生き働ける場を見つけることは、素晴らしいことです。
  2. 前向きな姿勢があれば、キャリアチェンジはそんなに難しくありません。
    • 例えば、事務職でも大きな仕事のやり甲斐を見つけることができます。
  3. 転職エージェントをうまく活用すれば、思う以上に転職活動がはかどります。

登録必須の転職サイト!

マイナビジョブ20's

公式ページを見る!

キャリアスタート
公式ページを見る!

JAIC(ジェイック)

公式サイトを見る!