転職

アラフォー世代で転職を考える時,覚えておいてほしい3つのポイント

やまがみ
やまがみ
社会人になり一生懸命仕事をしていると、年月というものはあっという間に経ちますよね。

あっという間にアラフォー世代になり、仕事も覚え、会社でも色々な役に就く方。プライベートでも家庭を築き子供ができこれから安定した生活を…という方もいれば、独り身だし自分の生活だけで精一杯!という方など人それぞれだと思います。

ただこの「アラフォー世代」、色々考えてしまうことが多いようです。

この仕事やりたい仕事ではあったけど、ちょっと思っていた想像とは違うよなあ

この仕事自体やりたい仕事ではなかったけど、ここまで仕事覚えちゃうとなかなか転職とかはね…

ここからまた自分のやりたい仕事に転職しても、1から覚えるのはね…

やまがみ
やまがみ
ご家庭を持った方、子供がいる家庭の方などは、なおさら自分のやりたいことがあっても家庭のため!と思って、気持ちを我慢して仕事を続ける方も多いのではないでしょうか?

えな
えな
確かに・・・。私の周りにいるアラフォーの方で、自分のやりたい仕事、やってみたい仕事に転職したいと思っても「この年で転職かあ…」とか「この年でまた1からかあ…」と悩んでしまう方がいます。

やまがみ
やまがみ
そうですよね。実際、年齢を気にされる方は非常に多いです

確かに年を取るにつれて転職は難しくなってきます。アラフォー世代になるとなおさら厳しいです。業種によっては30歳を越えだすと急に転職が厳しくなったりする場合とかもあります。

このようにアラフォー世代に突入し、仕事が合わない、やりたい仕事をやりたいと思い転職しようかと思った時に、考えてほしい、持っていてほしい心構え、ポイントは以下の3つです

  1. 人生設計について見直す
  2. やり直しは何歳からでもできる
  3. 専門家に相談する

やまがみ
やまがみ
これから転職しようと考えている方、実際に転職活動をされている方に向けて、現役で人材紹介会社にて、キャリアカウンセラーとして働く私がアラフォーで転職をする際の注意点を解説していきます。

今の時代、人手不足でどこの会社でもたくさん求人広告を出しています

ただ広告等を見ると、やはり長くしっかり覚えて働いてほしいという昔ながらの「同じ仕事で定年までいてほしい」という企業の気持ちが表れてる内容の広告がまだまだ多いです。
仕事も生活も安定はします。いい日本の制度(風潮)だとは思います。

けど特に現在の日本ですべての人がその風潮に同意するものなのでしょうか?自分は違うと思います。人には色々な考え方の人がいて当たり前です。そんな堅苦しい風潮はどうも…って方もいて当たり前だと思います。

もっといろいろなことにチャレンジしたい!自分のやりたかったことをやってみたい!って思う方もたくさんいるのではないでしょうか?

仕事でもそうです。新卒で就職活動をするときに「自分はどんな仕事をしたいのかなあ」と考えたことはありませんか?やりたい、あこがれの仕事があるって方はいいのですが、なにも浮かんでこなくてただただ就職活動をしながら色々な会社を受けてみる、内定が決まった会社に就職する、働いてみたものの「なんでこんな会社で自分は働いてるの?」って思ったことありませんか?

特にこのように流されるように就職してしまった方(新卒の方以外でもですが)は、働き続けると必ずこのような壁にぶち当たる可能性が高いと思います。

えな
えな
そうなってしまったらどうしたらいいの?

やまがみ
やまがみ
冒頭でも述べたように、3つのポイントから解説していきますね

  1. 人生設計について見直す
  2. やり直しは何歳からでもできる
  3. 専門家に相談する

【アラフォー転職1】 人生設計について見直す

やまがみ
やまがみ
生活苦や安定を求めるばかりに、またはなんとなく流れるままに就職、転職してしまうと危険な部分があります。

まず想像できそうなのが、「職場環境によっては長続きしないことがある」です。

何か目的、目標があれば別ですが、職場環境が悪いや人間関係が悪いと感じてしまう職場でずっと働きたいと思いますか?

私は状況にもよりますが、長くは居れないかなあと思うことのほうが多いです。しかもそういう環境は働きだした後でないとわかりません。

こんなことを書いてしまうことはもしかしたらタブーなのかもしれませんが、度々求人広告、中途採用を出している企業は、規模拡大、増員という理由もありますが、職場環境が良くない、人間関係が悪いといういわゆる「ブラック」な部分がある可能性も高いと思います。

また「やりがいを感じられない」などの要因もあります。

やってみたい仕事だったとしても実際働いてみたら「こんな感じだったんだ…」とショックを受けるときも多々あると思いますし、仕事が単調すぎて仕事をしているだけみたいな「気持ちが入らない」ってこともあります。

スキルアップや他の部署の仕事をやってみるとか色々解決方法はあると思いますが、そもそも流れで就職してしまった場合にはやはり「この仕事を続けていくのは…」という壁に当たってしまうのではないでしょうか?

色々考えて「転職」の道を選ぶ方も多いはずです。そんな時まず考えてほしいことがあります。それは少しでもいいので「自分の歩んできた学業や仕事、人生設計をもう一度考え直す」ことをしてほしいのです。

「そんなこと常に考えてるよ!」とか「いちいち行動する前に考えるかなあ?」と思われるかもしれませんが、もしできればどんな紙でもいいので自分で簡単にでも書いて、考え直してほしいのです。

やまがみ
やまがみ
この『書いて残す』ってことが以外にも重要なんです。

『自分がどんな気持ちでこの学校に入って、どんなことをしたかったのか?
『自分が就職活動をしてこの会社に入った時にどんなことをしたかったのか?

などの気持ちが少しでも思い出されませんか?

『今の自分はその時に思った気持ち、考えを実行していますか?今でもその気持ちを維持できていますか?
そう考えただけで、自分が進まなきゃいけない道が少し見えてきませんか?

今は見えないです…でもいいです。その簡単にでも書いたメモは日記帳でも手帳でもいいので捨てないで取っておいてくださいね。

もしできることならその書いた自分自身の人生の履歴の下に矢印を引いて、その先に
『今後なりたい自分』
『やってみたいこと、やってみたい仕事』
などの少し先の未来を書いてもらって保存しておくとなお良いです。例えばここまでに結婚する!とかここまでに独立する!とかなんでもいいです。
それをしかも悩んだときにその紙を見返すことをお勧めします。

なぜそうしたほうが良いのかというと、日記書かれている方(著者も書いています)はわかるかもしれませんが、
『心と頭の整理ができる』
『その時に思った気持ちを残せておける、また後で思い出せて軌道修正もできる』

日記を書いたほうが良い!とまでは言いませんが、特に人生の岐路にいた時の気持ちは大切な自分自身の財産でもあります。また同じ岐路に立った時にあの時はこうだったんだなあと思い出すだけでもその先の選択肢のヒントになると思います。

その積み重ねが大事なんだと私は思います。その繰り返しをしながら、少しの時間でもいいので自分の人生の再設計をすることが大切なんだと思います。そうすることで、悩んでいても自分が進んだほうがいい未来が、少しでも見えてくると思います。

【アラフォー転職2】やり直しは何歳からでもできる

やまがみ
やまがみ
実際に転職経験のある40代のJさんにお話を伺います。

Jさん
Jさん

初めまして、私は40代のおじさんですが、お恥ずかしながら今まで転職は何回かしました。
転職時の面接に行った時とかに面接の方によく「色々なお仕事をされたんですね」と言われます。その面接の方の気持ちの裏では「飽きっぽい人なのかなあ」とか「よくまあこんな色々と転職されましたね~」という印象を持ったことと思われます。

実際に飽きっぽい性格なのかもしれませんが・・・汗

ただ自分はこの何回か転職したことを悪いことだとは全く思っていません。
それはもうこの2言です。

『自分が続けられる!って思える天職、仕事ってそんな簡単に見つかるものなんですか?『実際試して働いてもいないのになんでわかるんでしょう?』

実際自分もこの歳になるまでにやってみたかった仕事、体験してみたかった仕事をいくつか経験してみました。長く続いた仕事もあり、やりがいを感じた仕事もありました。その逆も然りで、自分には不向きかなって仕事もあったり、長く続けられなかった仕事もあります。

けどどの仕事をとっても自分自身で体験してみないとわかりませんよね?

1つの仕事を続けることも大切ですし、この仕事が自分に合ってる!天職!って思える仕事に出会えた方は本当にラッキーなんだと思います。ですが、実際は何回か転職してやっと見つけられたって方が普通なんじゃないかなあと私は思います。

私自身の話に戻りますが、私自身もこの年でもまだまだ人生模索中であります。色々なことに挑戦してダメだったら考え直してまた新たに挑戦する。私はこの年になってもその挑戦する気持ちは持ち続けたいと思っています。

そこから得られる自分自身の経験や気持ちが、本当に何より自分自身の糧になっていくと私は思っています。

Jさん
Jさん
アラフォー世代の皆さん!まだまだこれからですよ!歳なんて関係ないです!

今からでも全然遅くないんです。いろいろな仕事、やってみたかったことにチャレンジしてみませんか自分の人生楽しみながらチャレンジしてきましょう!やり直しなんて何回でも出来るのですから!

その経験が、今後の人生に十分に生かされてくる時が必ず来ると私は思います。

【アラフォー転職3】専門家に相談するのも選択肢

仕事を続けるにしろ、転職の道へ進もうと新たな仕事を探すにしろ、道が決まったら後は自分の考えた人生設計に沿ってどんどん進んでいきましょう。

人によっては、以前の流されるままに就職、転職していた時の自分に比べてはっきりとした道筋が見えるだけでも、「次はこうしよう」や「ここではこうしようか」などの考えが浮かびやすいと思うので、かなり進みやすのではないでしょうか?

出来ればですがその時に感じた、思った感情もノート等にに書いておけば、後で見直せて場合によっては軌道修正が出来るのでお勧めです。

やまがみ
やまがみ
そういう意味でも、私は簡単でもいいので日記を書くことをお勧めしています!

また、もし転職や進む道に悩んだ時には身近な人や、友人、その他の方に相談するのも新たな方向に気付くきっかけにもなります。

なかなか相談できる人なんて身近にいないよ…

転職や今後のことなんかを話すなんて…

と思う人もいるかもしれません。身近に親しい友人や話せる同僚、家族がいらっしゃる場合はいいのですが、そうでない方の場合はどうすればいいのでしょうか?

やまがみ
やまがみ
私は、現役で人材紹介会社に勤務しております。国家資格キャリアコンサルタント試験にも合格しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

私以外のところでも、転職等でお世話になる『転職斡旋会社』『派遣会社』等の専門家に相談するのもいいことだと思います。

「こういう会社は転職時にお世話になるのでは?とお思いかもしれませんが、自分がまだ働いている状態でも相談なら全然大丈夫です。

Jさん
Jさん

私もですが転職時にこのような会社にお世話になっていますが、人によっては本当に親身に相談を聞いてくれます。私もとある派遣会社の受付をしてくれた女性の方で、本当に親身に聞いてくれた方がいらっしゃいました。

Jさん
Jさん
自分は今の会社、仕事がどうも合わないんです。

合う、合わないは人それぞれですよね。無理して続けなくてもいいと思います。無理して続けてもいいことはありませんよ。色々な方の人生設計があるでしょうからその他の仕事も試してみて、ゆっくりと自分に合った仕事を探してみてください。

私はこんな答えが返ってくるとは思ってませんでした。

普通はやっぱり会社的には長く働いてもらう人を探すでしょうし、長く働けるように色々なサポートを通して頑張ってもらうのが普通なのかな?と思っていましたが、なんか逆に悟ってもらったような気持ちになってすごいなあと思いました。こう相談しただけでもああ、自分も頑張らないとなあと思いますよね。

このように専門家に頼るのもそうですが、悩んだ時にはとにかく一人で考え続けるのではなく、色々な方に相談するのも1つの選択なんだと思います。とりわけ転職時には専門家に相談だけでもすると、的確な方向性を導き出していただける事が多いです。ぜひ一人で悩んでないで、今の悩みを打ち明けてみてください。

まとめ

①今の仕事・人生に不安、悩みを持ってしまい転職や方向転換を考える時には、その前に自分の行ってきた事、学んできたことを少しの時間でもいいので振り返って、そこから再度人生設計を見直してみよう。そして記録しておこう。

②どんなことでもやり始めるのに歳的に遅いということはないです。自分のやる気次第です。何回でもやり直しはきくのですからどんどんやってみて、自分に合った仕事を探してみましょう!実際に体験してみないと合っているかどうかはわかりません。

③進む道が決まっても、または決める時に悩んでしまった場合でも相談できる人に相談してみよう。転職に関しては「転職斡旋会社」などの専門会社の専門の人に相談だけでもしてみよう。新たなきっかけが見える時があります。

現代の社会は『働き手不足』といわれる中で、人手不足で倒産されてしまう会社もあるそうです。
だんだんと現在の社会の中でも『好きなことを仕事に』『やりたいことをしたい、1度きりの人生なんだから』という考え方が広まってきています。

私はその考え方はとても素晴らしいことだと思います。自分もそう思っています。
ただ、1つだけ本当に注意してほしいのはそこにはもちろん『自己責任、社会として、大人としての責任』必ず伴うという点です。それがなければただの『やりたいことをやってるだけ』になることです。

このことに関してはまた別の記事で書ければと思っていますが、アラフォーの世代でも転職という方法は一つの選択肢です。決して悪いことでも遅いことでもなんでもないです。
自分のそう思った気持ちをぜひ大切にしてもらい、この心構え、ポイントを役立ててもらえばと思っています。