仕事

退職申告は1ヶ月前だと非常識?転職の際に気をつけたい退職マナー

やまがみ
やまがみ
転職するとなったとき、「どうやって転職するか」 「どこに転職するか」とこれから働く会社のことを考えますよね。

しかし別の会社に行くということは、必然的に今の会社を辞めるということになります。「どのように退職するか」も意識したほうがいいですよ。

えな
えな
なるほど。確かに今までお世話になっていたわけですから、退職する時はなるべく角が立たないようにしたいですよね。
やまがみ
やまがみ

退職時にトラブルを起こしてしまうと次のキャリアに悪影響を及ぼす可能性もあります。

そんな事態を避けるにはどんなことに注意すべきか解説していきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 転職するなら円満に退職すべき理由
  • 退職申告のタイミング
  • 退職申告の時に注意すること
仕事を辞めたいけど上司に言えない!それを乗り越えた私の解決とは?職場の人間関係に疲れてしまった…、こんなに頑張っているのにきちんと評価されていない…など仕事における悩みって尽きませんよね。きっと誰もが...

円満に退職できないと・・・

自分が今持っているスキルを活かそうと思うと、今と同じか似たような業界での転職になる場合が多いです。

退職した会社が今後は自分と全く無関係であるとは言い切れず、これから働くことになる環境でもどこかで繋がっているかもしれないのです。

退職の際に揉めて会社側に悪い印象を持たれてしまうと、思わぬところでそのマイナスイメージが足を引っ張ってくる可能性があります。

次の就職先が決まっていない人は、就職希望先に前職でのトラブルが知られてしまうと採用してもらえなくなるかもしれません。

転職先が決まってから退職する人も、新しい職場で悪い噂が立ってしまったらその後働きづらくなってしまいます。

えな
えな
世間は狭いって言いますもんね。気をつけないと・・・。
やまがみ
やまがみ
逆に好印象で円満に退職して、前の会社の人たちと良好な関係を続けることができれば、新しい環境で働くにあたって良い影響を与えてくれるかもしれませんよね。

退職を申告するのはいつ?

法律では、2週間前までに退職を申し出れば理由を問わず辞めても良いとされています。

しかし円満に退職しようと思うなら2週間というのは短く、印象はあまり良くないでしょう。

申告のタイミングに迷ったら、会社の就業規則を確認してください。

退職の申告について「退職を希望する日の1ヶ月前までに」としているところが多いです。

会社が定めている退職期間を目安に、自分が担当している仕事の引き継ぎと有給の消化を考慮して、できるだけ早い段階で上司に退職の意思を伝えましょう。

職種や任されているポジションによっては退職まで2〜3ヶ月必要になることもあるようです。

転職先が決まっている場合は入社日との調整も考えなくてはなりません。

内定をもらったらすぐに退職申告をしましょう。

また、退職までの期間だけでなく退職する時期にも配慮して、繁忙期は避けるのも大事なポイントです。

えな
えな
退職の意思を早めに伝えて、引き継ぎの時間をしっかり確保することが大切なんですね。
やまがみ
やまがみ
会社側も欠員補充などの準備を進められるので、早めに申告してもらった方が助かりますよね。

周りの人たちにかかる負担を少なくしようとする姿勢が大切

気をつけることは?

退職を申し出る時の注意点が2つあります。

1. 必ず初めに直属の上司に伝える

退職の意思を最初に伝えるべき人は直属の上司です。

先に同僚に相談したり、上司よりさらに上の役職の人に伝えてしまうと、上司としては立場がなく良い気持ちがしませんよね。

また、上司と話をした後も会社から正式な通知が出るまでは、情報の混乱を防ぐためにも退職について社内の人に話さないようにすべきです。

2. 一方的に話を進めない

「○月○日に退職することにしました」

意を決しての申し出なので力が入るのもわかりますが、「この日に辞めます」と自分の都合を一方的に押し付けるのはいけません。

「○月末くらいに退職したいと考えているのですが・・・」

希望の退職日に幅をもたせて伝え、引き継ぎのスケジュールなど会社の都合も考慮して退職日を調整していきましょう。

 

えな
えな
引き止められたらどうしようと思うと、緊張しちゃいますよね。
やまがみ
やまがみ
退職の意思を一度見せた以上、後戻りはできません。「退職するかしないか」の相談ではないので、流されないようにしましょう。
  • 誰に伝えるべきかを知っておく
  • 意志は固く、態度は柔らかくを意識する

まとめ

  • 転職するときは退職の仕方も大事なポイントになる
  • 退職の申告はなるべく早く余裕を持ってする
  • 退職の意思は直属の上司に伝え、会社の都合も考慮して退職日を調整する

 

えな
えな
もう辞めるからといって自分のことばかり考えるのではなく、最後まで誠意を持って仕事をやり遂げたいですね。
やまがみ
やまがみ
転職するためには必ず退職をすることになります。退職後も職場の人たちと良い関係いられるよう、「辞め方」にも気を遣いましょう。

20代おすすめ転職サイトランキング

やまがみ
やまがみ
1つだけ登録する場合は、名実ともにナンバーワンのマイナビジョブ20’sで間違いありません。
1位 マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20's
おすすめポイント!

全求人が20代対象!
専任のカウンセラーがマンツーマンでサポート!マイナビのノウハウがある!

総合評価
対象 20代 第二新卒 既卒向け
サポート体制 専任アドバイザーによるマンツーマンカウンセリング
実績 年間2万人以上が登録! 20代対象求人1500件以上!

\1分で無料登録/
マイナビジョブ20’sに
登録する!

※「転職しようかどうか迷っている」から相談できます。

2位 JAIC
就職支援のJAIC(ジェイック)
おすすめポイント!

就職成功率81.1%!(通常の転職活動の約2倍)
入社後、満足度の高い企業を紹介してくれる
実際に社員が訪問した企業のみ紹介!

総合評価
対象 フリーター 未経験 既卒 大学中退
サポート体制 入社後定着率91.3%
実績 転職成功率81.1% 転職支援実績2万人以上!

\30秒で簡単登録/
JAICに無料登録する!

※ビジネスマナーから教えてもらえる!

3位 キャリアスタート
キャリアスタート
おすすめポイント!

登録して来社すると、「転職成功BOOK」がもらえる
向いている仕事、求められている仕事がわかる
あなたの適性や目的に合ったお仕事を紹介

総合評価
対象 20代フリーター 既卒 未経験
サポート体制 履歴書添削〜面接対策
実績 面接成功率70%以上! 利用者の9割が20代

\登録して正社員へ/
キャリアスタートに
無料登録する!

※「スーツが初めて」でも大丈夫!